トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

混沌期 のバックアップ(No.5)


混沌期

社会的にMANAが認知され、法や対応組織などの整備がはじまる時期。
MANAとSIMの規格が定まり、散布が行われる。
世間的には「タブレットなどの電子端末でできる新技術!」と銘打たれた普及が試みられる。

しかし、黎明期?の実験などを経ているとはいえ、まだ不確定な部分も多く、MANAの散布量にも地域差がある。
また、アンダーグラウンド的に規制と規定のグレーゾーンを突いた電書魔術や、犯罪行為に利用されることも急増する時期でもある。

MANAの存在
MANAメーカーが普及に力を注いでいるため、世間での認知度としては「大抵の人が知っている」レベルになっていても無理はない。
およそだいたいの国や地域で電書魔術を使用できるよう、整備が進んでいる。
電子魔術書の多様化
この時期になってくると、電書魔術の様々な可能性を探ったような電子魔術書が生み出されることも増える。
生活に便利なものもそうだが、電書魔術を用いた快楽としての麻薬なども誕生し、アングラな組織の新たな収入源としても利用されることにもつながっている。

混沌期を舞台にした作品